スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんまもん 



初めてもらったバイト代で、夫婦茶碗を買ってきた。
たままた通りがかった陶器市で安く売っていたのだ。
「今日はなんのお祝いや?」
お母ちゃんは茶碗を手にとってしみじみと眺めてから、
いきなりぼろぼろと涙を流した。
いくらなんでも感激しすぎだろうと、あたしはちょっと引いた。

お母ちゃんは大きな音を立てて鼻をかみ、前掛けで涙をぬぐってから、話し始めた。
長くなりそうな気配に、あたしは覚悟を決めてケイタイの電源を切る。
途中で鳴ったりすると、怒り出すからだ。

時代は一気に20年ほど遡った。
お父ちゃんとの馴れ初めなら、何度も聞かされて覚えてしまっている。
またかと思わず耳をほじった。
「あんたももうすぐ二十歳やろ、二十歳いうたら大人や、そろそろええやろ」
いつもと違う口調でお母ちゃんはそう念を押した。

「道ならぬ恋や、今でいう不倫やな」
あんまりびっくりして、私はお茶でむせた。
「お父ちゃんは老舗の旅館の婿養子やったんやで」
「ほな結婚してたっていう事?」
婿養子という言葉がピンとこなかったので、とんちんかんな言葉が出た。
「だから、道ならぬ恋やて、いうたやないか」
お母ちゃんの顔が上気している。
「政略結婚、させられてたんや」
ずいぶん大袈裟な話になってきた。

証言者はいないから、真偽のほどは確かではないが、
通いで仲居をしていたお母ちゃんに、お父ちゃんが一目ぼれしたらしい。
お金が自由にならないお父ちゃんからは、プレゼントのひとつもなかった。
そんなある日、お母ちゃんは自分の給料で夫婦茶碗を買った。
「たまたま陶器市でみかけただけやったんやけどな」
あたしは笑い出しそうになるのをぐっと堪えた。
部屋にやってきたお父ちゃんは、さっきのお母ちゃんと同じように、
しみじみと眺めてから涙を流し、それから「堪忍な」と手を握ったという。
「ぬくいなあ・・このぬくもりだけは、ほんまもんや」

それからどうしてこうなったのかが、一番聞きたいところだというのに、お母ちゃんはもうすっかり自分の世界に浸ってときめいている。
いつの間にかあたしが買った夫婦茶碗は大きなハンカチに包まれていた。
お父ちゃんの病室に持っていくんだと、お母ちゃんが目を細めた。
「きっとようなるで」
あたしもなんだかそんな気がしてきた。
スポンサーサイト

コメント

コピーガードと30代,40代の転職

コピーガードとは、音楽CDや映画のDVDなどが、不正に複製されないようにレコード会社などが講じたコピー防止策のことをいう http://greensearch.sentesag.com/

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

生活家電

生活家電を探すなら http://www.pigottop.com/211742/204200/

鏡を探すなら http://www.bigwatersrealty.com/100804/210143/

栄養士を目指して30代,40代の転職

栄養士は、病院や給食センターで、栄養バランスの取れた食事を提供する http://daybook.rcrane4law.com/

ありがとうございます<m(__)m>

いつも感想ありがとうございます<m(__)m>
作風を意識するほど書きなれていないので、模索している状態です。
このところ自然に長くなる傾向が^^;
そのうち連続モノも書いていきたいと思っています。

引き出しは狭いです^^;
写真のおかげでいろいろ発展させられています。
また覗いてくださいね。

メルマガはお休み中ですか?
(時々覗いていたのですが)

おおっ!


作風変わりましたか?
なんかとっても好きです。
今までは短いが完結していたような気がしていて…
それはそれでいいんですが。
最近の御作はその後の展開を孕んでいますよね。
承転結、と続いていきそうな。
というか続くのを期待しています。
それにしても引出し一杯ありますよねぇ。感心します。
ぼくもその才能に頼りたい… けどガマン。
やっぱり自分で作らないと。ね。

いいお話、期待しています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。