スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅立つ君と、旅立てない僕と。 

017


所狭しと仕込まれた沢山のライトの下で、
小柄で地味な印象しかなかった紗耶が、ひとまわり大きくなっていた。
長い間一緒に頑張った劇団を辞め、オーディションを受けて立った舞台。
物語の本筋にあまり関わりの無い小さな役だったのに、
紗耶はしっかりと輝いていて、僕にはひどく眩しかった。

学生時代に先輩に誘われるまま参加した劇団が、いつしか僕のすべてになっていた。
20歳になったばかりの紗耶が入ってきた頃は、
看板女優が映画デビューを果たしたり、座付き作家が賞をとったりして、
ぼちぼち知名度も上がり始め、年に数回の定期公演をするようになっていた。
紗耶は大きな劇団の研究生だったが、劇団に残る選抜試験に落ちて、
それでも芝居を捨てる事ができず、いろいろ回っていたらしい。
基礎を勉強してきた子にありがちな、頭でっかちな所はなく、
素直で勉強熱心だったから、皆に可愛がられた。
でもなかなか役はつかなかった。

「おまえには華がないんだよな」演出家がそう言い放った時、紗耶は悔しそうに唇を噛んだ。
身体作りや発声、芝居の細かい技術は勉強し稽古に励めばそれなりに身につくものだ。
でも「華がない」つまりは「存在感が希薄である」という事に関しては、
もう「才能」の領域で、紗耶が途方に暮れるのは当たり前なのだ。

それでも紗耶は毎日練習に来た。
役がもらえなくても基礎訓練を繰り返しながら、プロンプター(※)に徹していた。
僕はそんな紗耶が、いたいけで愛しくて、そしてもどかしくもあった。
本当は役者に限界を感じてやる気をなくしていた自分と、
傷を舐めあうような関係を求めていたのかもしれない。

30歳に手が届こうかという年齢になっていた紗耶の決断に、
誰よりも僕が驚いた。
どこかの片隅で過去を懐かしみ、今を嘆きながら、目先の小さな夢しか終えなく
なっていく生活など、紗耶には思い描けなかったのだろう。
紗耶は一人で歩き始め、僕からどんどん遠ざかっていく。
役者の道を諦め、怠惰な日常に甘んじている僕の手はもう届かない。

※ プロンプター 舞台上で俳優にかげから,せりふを教える人
スポンサーサイト

コメント

クラークスの靴

クラークスの検索サイト。アウトレット、サンダル、クラークス靴、通販、デザートブーツなどクラークスに関する各種情報をお届けしています。 http://teraphim.stuartmembery.com/

【システインダイエット】

システインとは、本来体内にも存在するアミノ酸の一種です http://habitude2.crosstudio.net/

ライト・照明

ライト・照明を探すなら http://www.tsunamiya.com/100804/100805/

和服・着物

和服・着物を探すなら http://www.gvshops.com/100371/100428/

延床面積

延床面積とは、建物各階の床面積の合計のこと http://chage.sanyuu.biz/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。