スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連ね歌 中篇 

p018.jpg

その日は朝から土砂降りに近い雨だった。
びしょ濡れになりながら、ようやく作業所に辿り着くと、
一緒にボランティアに来る予定だった友人は
体調を崩してしまって来られないらしいと、職員から聞かされた。
昨日はボランティア仲間でカラオケに行って、人一倍楽しそうに歌っていた。
「雨かよ、だりぃなあ」という、彼の声が聞こえた気がした。
作業所には常勤の職員が三人いる。
そのうち一人は休みだった。
もうかなり年配の人なので、この天気では難しいのだろうと僕は思った。

午前中のパン作りで、愛ちゃんとペアを組んで働いている女の人が、
パンを切る機械で指を切ってしまった。
いつもはおっとりとして穏やかな人なのだが、酷い出血にびっくりしたのか痛みのせいか暴れだした。彼女は感情のコントロールがきかないのだと聞いてはいたが、その変貌ぶりに驚いた。
「今日はきっとお客さん来ないと思うから、大丈夫よね」
結局、職員が二人付き添い、病院へ行くことになった。
僕と愛ちゃんは、とうとう二人っきりになってしまった。

午後になって雨足は更に強くなってきた。
日当たりのいい「ひまわり」の中も薄暗く、間接照明から蛍光灯に切り替えていた。
病院へ付き添った職員から、怪我が思いのほか重症で少し縫うことになったのだが、
興奮がおさまらず暴れているので、鎮静剤を使うことになったという連絡が入った。
夕方まで帰れそうにないから、用がなければ時間を延長して欲しいというのだ。
僕はためらいながらも了承した。

その後の僕の行動は、魔がさしたとしか思えない。
もしかしたら、愛ちゃんが僕に魔法をかけたのかもしれないとさえ、思っている。
それほど、自分でも抑えきれない衝動が突然襲ってきたのだ。
僕はなんとお店の入り口に鍵をかけた。
蛍光灯を消すと、店はまた間接照明だけになった。
愛ちゃんは僕の傍に寄り添い、僕の行動をじっと見ていた。
僕は愛ちゃんと向き合った。
愛ちゃんは少しおびえたように顔をこわばらせ身を堅くした。
もしこのまま愛ちゃんが拒否し続けてくれたら、たぶん僕は気持ちを抑えられた気がする。
でも愛ちゃんは違った。なんと目を閉じて、顔を上に向けたのだ。
僕は少しだけ、ほんの少しだけ迷った。
愛ちゃんに対して好意以上の気持ちを持っていたかと問われたら、うなづくことはできない。
そこにあったのは、愛情ではなく、性的興奮にすぎなかった。

僕は呼吸を整えながら、愛ちゃんをゆっくりと抱き寄せた。
愛ちゃんはなされるがまま、僕の方へ引き寄せられた。
僕は愛ちゃんのピンク色の柔らかい唇に自分の唇を重ねた。
愛ちゃんの唇はしっかりと結ばれてたけれど、僕が舌で軽くつつくと、
すっと受け入れてくれた。
あまりに自然だったので、僕は少し驚いた。
愛ちゃんは初めてじゃないのかもしれない、そう思ったのだ。
僕は唇を重ねたまま、客席の長椅子にどさっと倒れこんだ。
愛ちゃんはピンクのうさぎのついたショーツを穿いていた。

最後までは出来なかった。
愛ちゃんの受け入れ体制に無理があったからだ。
さすがにそれ以上、無理にはしなかった。
それが良心だったのかといえば、違う気がする。
最後ににっこり笑った愛ちゃんに、僕はため息を返してしまったのだから。

つづく
スポンサーサイト

コメント

ホームページ作成総合案内所

ホームページ作成の検索サイト。無料、フリーソフト、ホームページ作成ソフト、東京、YAHOOなどホームページ作成に関する各種情報をお届けしています。 http://marsh3.hartmerrell.com/

旅行用品

旅行用品を探すなら http://www.umaiumai.biz/215783/100683/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。