スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天気雨 



あの時ばったり出会ったのは、本当に偶然だった。
今思えば何食わぬ顔で通り過ぎればよかったのに、ふたり同時に足を止めてしまったのだ。
私は友人たちとテニスをした帰り道で、女の子の連れがいた。
だいぶ年が離れた彼との関係を彼女にどう説明したのか、よく思い出せない。
きっと訝しげな表情を浮かべながら帰って行ったであろう彼女の、
後姿だけはよく覚えている。

「外で会うのって、初めてだよね」
彼女の後姿が豆つぶのようになってから、ようやく彼が口を開いた。
ちょっとはにかんだような笑みを浮かべている。
「こんなに明るい時間に会うのも初めてだね」
私たちはいつも夜が来てから、狭くて薄暗い部屋の中で会う。
私が見る時にはもう、背広はハンガーにかけられ、ネクタイは緩められている。
どんな背広にどんなネクタイだったかなんて記憶している余裕はない。
私には限られた時間の中で、しなくてはならない事がたくさんあったから。
ネクタイをきちんと締めて、会社のロゴが入った袋を抱えた彼は、
別人のようでもあり、やっぱり彼そのものだとも思える。
何より「みかちゃん」と呼ぶ、少しくぐもった声がすべてをフラッシュバックさせてくれた。

空はピーカンに晴れてひどく暑かったのに、雨はいきなり降り出した。
どの雲が降らせているのか悩むくらい、空はそのまま青かった。
あなたはスーツの上着を脱いで会社の紙袋にかぶせる。
あっという間に私たちはずぶ濡れになっていた。
私のアパートは、そこから歩いて10分ほどのところにあった。
不思議と迷ったり困ったりはしなかった。

私の部屋に彼がいる。
それはきっと神様がくれた風景だ。
「ごめんね」
彼は、恐縮しながら私のタオルで頭を拭き、
私は、彼の濡れたシャツに一心不乱にアイロンをかける。
ただそれだけなのに、胸ははじけそうに高鳴っている。
彼は時々時計に目をやりながら、私の指先を自然に追っていた。
彼の視線が指先から外れ、私の身体に滑り始めた。

それから彼は、二度とお店には来なかった。
彼なりのけじめなのだろうと、10年たってそう思えた。
私はすべての過去に蓋をして、明日、お嫁に行く。
スポンサーサイト

コメント

照明士

照明士とは、照明に関する高度な専門知識を持つエキスパートを(社)照明学会が認定する資格 http://larder.markjacobsesq.com/

カメラ総合案内所

カメラの検索サイト。デジタルカメラ、カメラのキタムラ、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ビッグカメラなどカメラに関する各種情報をお届けしています。 http://dataphone.atmormortgage.com/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。