スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にっき 



「きょう、ママとおねえちゃんと、ゆうえんちにいきました。
パパは、いっしょにいくって、やくそくしたのに、ゆびきりしたのに、
おしごとにいってしまいました。
かんらんしゃのなかで、ママがないていました。」

弟の佑樹が書いた絵日記が、ゴミ箱の中に破り捨てられていた。
夏休みの宿題だと言って、一所懸命に書いていたものだ。
観覧車の絵の下にたどたどしい文字が並んでいるのを見て、ちょっと涙が出た。
いたずらばかりして憎たらしいけど、まだ小学二年生の佑樹には、
お父さんが帰ってこない理由も、お母さんの涙のわけも、
きっとよく分かっていないのだと思う。
それでも小さな胸を痛め、幼い頭で考えて、
この日記は学校には出せないと思ったのだろう。
その胸の内を考えるとまた涙が出た。
あたし自身、だいぶナーバスになっているんだと思う。

佑樹がスクールバスでスイミングスクールに出かけた後、
あたしはお母さんに呼ばれた。
「美香はもう中学生だから」
お母さんはそう切り出した。
予想はついている。
その場から逃げ出したい衝動を、あたしはぐっと抑えた。

夏休みに入る少し前、お父さんのいない時に知らない女の人が来た。
白い帽子の似合う細くて綺麗な人だった。
お母さんはその人とどこかへ出かけて、しばらく戻ってこなかった。
すっかり日も暮れてから戻ってきた時には、目は真っ赤で口もきけないほど、
疲れきっていた。
あたしは佑樹と二人でカップラーメンを食べて、子ども部屋に入った。
いつもはうるさい佑樹がやけに神妙な顔をして、あたしの傍で大人しくしていた。

「ごめんね」
ここ一ヶ月ですっかり老け込んだ気がするお母さんは、何度も繰り返した。
お母さんのせいじゃないのは分かってる。
一番辛いのはお母さんだってこともわかってる。
それでもあたしは、転校するのは嫌だなあとか、苗字変わるのは嫌だなあとか、
自分の事ばかり考えていた。

夏休みが終わる頃には、正式な三人家族になる事になった。
佑樹にはまだ話していない。
それでも彼なりに察しているのだろう。
今日も佑樹は真っ白な絵日記を前に頭を抱えている。
「本当のこと、書けばいいじゃん」
あたしは佑樹の頭を撫ぜた。
どうしようもないことっていっぱいあるんだなあと思う。
あたしは早く大人になりたい。すべての事が自分で解決できるようになって佑樹を守ってあげたい。
スポンサーサイト

コメント

東京都のハローワーク(職安):所在地一覧

全国で約600箇所のハローワーク(公共職業安定所・職安)が存在します http://shokuan.nojob.gozaru.jp/map-36.html

初でこれかよw

まさか初めてが3Pになるとは思ってなかったしなあ。。。
イってもすぐまたヤっての繰り返しで結局5連続だぞww
1 0 万 もらえたからいいものの、大事な息子はまだジンジンしてまふww(・w・)
http://hevry.net/superenjyo/MDA98C1L/

彼女が大人になって、
父を奪った帽子の女性と再会。
もう父親と別れていて、
新しい男の人をめぐって争う、

というのはどうでしょうか^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。