スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重ねあっても・・・ 

007

「日曜日?」
男の目が泳いだ。
「そう、日曜日」
間をおかずに、たたみかける。
男の目は、今度はカレンダーを見た。
11日の日曜日の欄に、赤い花丸がつけてある。
その下に、my birthdayの文字。
「ごめん」
大きなため息のように、言葉が吐き出された。

その日は娘のピアノの発表会だという。
去年は息子のサッカーの試合だと言った。
一昨年は、会社の慰安旅行、その前は・・・。
誕生日が毎年日曜日のはずが無いことにすら、
気づいていない男が、申し訳なさそうな顔をして唇をふさいだ。
「じゃあ、仕方ないね」
聞き分けのいい女に戻って笑顔を作る。
男の手はもう女の身体をまさぐっている。
重なり合う二人。
それだけがすべてだと知っていて、女は男を受け入れる。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。