スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にっき 



「きょう、ママとおねえちゃんと、ゆうえんちにいきました。
パパは、いっしょにいくって、やくそくしたのに、ゆびきりしたのに、
おしごとにいってしまいました。
かんらんしゃのなかで、ママがないていました。」

弟の佑樹が書いた絵日記が、ゴミ箱の中に破り捨てられていた。
夏休みの宿題だと言って、一所懸命に書いていたものだ。
観覧車の絵の下にたどたどしい文字が並んでいるのを見て、ちょっと涙が出た。
いたずらばかりして憎たらしいけど、まだ小学二年生の佑樹には、
お父さんが帰ってこない理由も、お母さんの涙のわけも、
きっとよく分かっていないのだと思う。
それでも小さな胸を痛め、幼い頭で考えて、
この日記は学校には出せないと思ったのだろう。
その胸の内を考えるとまた涙が出た。
あたし自身、だいぶナーバスになっているんだと思う。

佑樹がスクールバスでスイミングスクールに出かけた後、
あたしはお母さんに呼ばれた。
「美香はもう中学生だから」
お母さんはそう切り出した。
予想はついている。
その場から逃げ出したい衝動を、あたしはぐっと抑えた。

夏休みに入る少し前、お父さんのいない時に知らない女の人が来た。
白い帽子の似合う細くて綺麗な人だった。
お母さんはその人とどこかへ出かけて、しばらく戻ってこなかった。
すっかり日も暮れてから戻ってきた時には、目は真っ赤で口もきけないほど、
疲れきっていた。
あたしは佑樹と二人でカップラーメンを食べて、子ども部屋に入った。
いつもはうるさい佑樹がやけに神妙な顔をして、あたしの傍で大人しくしていた。

「ごめんね」
ここ一ヶ月ですっかり老け込んだ気がするお母さんは、何度も繰り返した。
お母さんのせいじゃないのは分かってる。
一番辛いのはお母さんだってこともわかってる。
それでもあたしは、転校するのは嫌だなあとか、苗字変わるのは嫌だなあとか、
自分の事ばかり考えていた。

夏休みが終わる頃には、正式な三人家族になる事になった。
佑樹にはまだ話していない。
それでも彼なりに察しているのだろう。
今日も佑樹は真っ白な絵日記を前に頭を抱えている。
「本当のこと、書けばいいじゃん」
あたしは佑樹の頭を撫ぜた。
どうしようもないことっていっぱいあるんだなあと思う。
あたしは早く大人になりたい。すべての事が自分で解決できるようになって佑樹を守ってあげたい。

天気雨 



あの時ばったり出会ったのは、本当に偶然だった。
今思えば何食わぬ顔で通り過ぎればよかったのに、ふたり同時に足を止めてしまったのだ。
私は友人たちとテニスをした帰り道で、女の子の連れがいた。
だいぶ年が離れた彼との関係を彼女にどう説明したのか、よく思い出せない。
きっと訝しげな表情を浮かべながら帰って行ったであろう彼女の、
後姿だけはよく覚えている。

「外で会うのって、初めてだよね」
彼女の後姿が豆つぶのようになってから、ようやく彼が口を開いた。
ちょっとはにかんだような笑みを浮かべている。
「こんなに明るい時間に会うのも初めてだね」
私たちはいつも夜が来てから、狭くて薄暗い部屋の中で会う。
私が見る時にはもう、背広はハンガーにかけられ、ネクタイは緩められている。
どんな背広にどんなネクタイだったかなんて記憶している余裕はない。
私には限られた時間の中で、しなくてはならない事がたくさんあったから。
ネクタイをきちんと締めて、会社のロゴが入った袋を抱えた彼は、
別人のようでもあり、やっぱり彼そのものだとも思える。
何より「みかちゃん」と呼ぶ、少しくぐもった声がすべてをフラッシュバックさせてくれた。

空はピーカンに晴れてひどく暑かったのに、雨はいきなり降り出した。
どの雲が降らせているのか悩むくらい、空はそのまま青かった。
あなたはスーツの上着を脱いで会社の紙袋にかぶせる。
あっという間に私たちはずぶ濡れになっていた。
私のアパートは、そこから歩いて10分ほどのところにあった。
不思議と迷ったり困ったりはしなかった。

私の部屋に彼がいる。
それはきっと神様がくれた風景だ。
「ごめんね」
彼は、恐縮しながら私のタオルで頭を拭き、
私は、彼の濡れたシャツに一心不乱にアイロンをかける。
ただそれだけなのに、胸ははじけそうに高鳴っている。
彼は時々時計に目をやりながら、私の指先を自然に追っていた。
彼の視線が指先から外れ、私の身体に滑り始めた。

それから彼は、二度とお店には来なかった。
彼なりのけじめなのだろうと、10年たってそう思えた。
私はすべての過去に蓋をして、明日、お嫁に行く。

真夜中のhighway 



ずいぶんと長く生きてきた気がする、もうかれこれ30と5年。
この年になるまでずっと、出会いと別れはペアになっているもんだと思ってきた。
でもたとえ別れが訪れようと、たくさんの男と出会って過ごした日々は、
ちょっとした勲章だとさえ、思っている。
尻軽女だとか、公衆便所だとか言いたい奴は言えばいい。
あたしはいつも真剣に愛してきた。
たとえ3日の恋にだって、命かけてきた自信がある。

翔平と出会った時もやっぱり、あたしは男と別れたばかりだった。
何年も売れないミュージシャンやってる、夢の話しかできない男だった。
夢でお腹はいっぱいにならないから、あたしが稼いで貢いだ。
洗濯をして部屋を綺麗にして、あったかい食事を用意して、
帰ってくるかどうかも分からないのに、毎日待っているあたしのことが、
いつしか鬱陶しくなったらしい。
見返りを要求したことなんか一度もないのに、あたしはいつもこうやって重たがられる。

ある日、仕事から帰ったら、アパートはもぬけの殻で、
あたしが持ち込んだ電化製品まで、キレイさっぱりなくなっていた。
何もない部屋であたしは1時間ほどワンワン泣いて、
それから、あいつの携帯に電話をかけた。
慌ててたのかうっかりなのか番号はまだ変えてはいなかったけど、
留守電になったから、
あたしはいつものように「ありがと。楽しかったよ」ってだけ入れて切った。
それからあたしは自分の携帯をその場に置いて、
アパートを出たんだ。メモリーを消す必要なんてない。
あいつの分しか、入ってないから。

翔平はあいつ以上に世の中をなめた男だった。
あたしはそういう男に弱いらしいのだと、最近になってようやく気付いた。
翔平に抱かれながら、暗い穴の中に吸い込まれていくような感じに包まれて、
あたしは何度も絶頂に達した。
そして本当に吸い込まれていくことになっちゃったんだ。

短絡的な欲望を満たす為に、結果、人を殺めてしまったあたしたちは、
その場を逃げ出すしか仕方なかった。
戻るところなんてない。
盗んだ車で高速に入り、あてもないまま飛ばし続ける。
降りしきる雨がフロントガラスを叩く音だけが、BGMだった。

「翔平だけひとりで逃げな」
夜明けのサービスエリアでコーヒーを飲みながら、あたしはようやく口を開いた。
翔平はあたしを片目でちらっと見て、髪をかきあげる。
「お前はどうすんのさ」
「あたしは・・・」
あたしは、今までと同じようにエンドマークをつけるだけのことだ。
今度はちょっと大きなエンドマークになりそうだけどね。

ボーっと、汽笛が聞こえた。
「きっと舞台の終焉の合図だよ」あたしの声は潮風にかき消された。

「連ね歌」完成しました。 

「籠の中」が途中ですが^^;「連ね歌」の方が完成しました。
タブー視されがちなモチーフですので、嫌悪感を持たれた方が
いらっしゃるかもしれませんが、
これもひとつの「恋哀小説」として読んでいただければ嬉しいです。
愛ちゃんの視点バージョンもどこかで挟み込めればいいなあと思っています。

「籠の中」は、千絵さんとの対峙になります。
ちょっと手こずっているので、もうしばらくお待ちください

連ね歌 後篇 

p018.jpg

愛ちゃんの様子がおかしい事に気が付いたのは、夏の終りでした。
私は、こういう仕事に携わってかれこれ10年程になりますが、
決して珍しい事ではないのです。
愛ちゃんは妊娠4ヶ月目に入ったぐらいだろうと診断されました。
体調管理の一環として、女性の生理日は、だいたい把握しているつもりでしたが、
愛ちゃんの場合は不順気味だったのと、
処理が自分でほとんど出来るので、注意が足らなかったと反省しています。

妊娠週数が進んでいるということで、犯人さがしよりも先ずは手術をという事になり、
愛ちゃんのお母さんに連絡をして、来てもらいました。
当然ながら酷く叱られましたが、こういうこともあることは覚悟していたとも言われました。
愛ちゃんは可愛い顔立ちをしていましたし、身体のラインも実に女らしいものでしたから、
今までにも危ない事が何度かあったようでした。
それに女の私からみてもフェロモンのようなものを感じるのです。

事の因果関係について、本人にも説明しました。
驚いたのは、お腹の中に赤ちゃんがいるという事に、愛ちゃんが気付いていたことです。
まだ胎動がある時期ではないと思うので、本能的なものなのでしょうか。
愛ちゃんは「赤ちゃんを産みたい」と言って泣きだしました。
出来ることなら産ませてあげたいとお母さんも涙を拭かれました。
確かにここに在る命を切り捨てる権利は、誰にもないと思います。
育まれた命が不幸せになると断定もできません。
第三者も交えて、私たちは何度も話し合いました。
愛ちゃんの気持ちをもっとも大切にしたのはいうまでもありません。
ただ、綺麗ごとではすまない部分は、愛ちゃんには理解できません。
その辺りの話し合いは、お母さんと愛ちゃんでしてもらいました。
離れて暮らし始めたとはいえ、お母さんと愛ちゃんの繋がりはとても大きなものでしたから。

愛ちゃんの手術は無事に終わりました。
妊娠が発覚してから、作業所は休んで実家で養生していましたが、
体調だけでなく気持ちが落ち着くまで、もう少しお母さんのところがいいだろうと
判断されました。
私の所に彼がやってきたのは、その頃でした。
学生ボランティアとして作業所を手伝ってくれていた青年でした。
彼は私の前で深々と頭を下げました。
「どうもすみませんでした」
搾り出すように出て来た声は震えていました。

彼は愛ちゃんの妊娠をどこからか聞いたようでした。
自分と愛ちゃんの間に起きた過ちをきちんと話してくれました。
最後まで出来なかったはずなのだけれど、もしかしたら・・・
彼はそう言って涙をこぼしました。
自分にできることがあれば、何かしたいのだとも言いました。
私は彼の誠実さと、そして若さに打たれました。
愛ちゃんは妊娠4ヶ月ですから、彼の話とは計算が合わないのです。
その事は彼には伝えませんでした。愛情の裏打ちのない、こういう「過ち」は二度と繰り返して欲しくないからです。

胎児の血液も保管してありますから、犯人探しは、そう難しくないと思います。
でもお母さんからの要望でもない限りは、やめておこうと思うのです。
私は愛ちゃんは相手を分かっているのだと思っています。

大空を、目指して高く羽ばたけど。
割れたとて、己の弱さ見せぬけど。
留まれず、飛べぬわが身が切なくて。
涙する、君にすべてを委ねたい。

愛ちゃんのノートに書かれていたものです。
詩なのか俳句なのか手紙なのかは分かりません。
愛ちゃんがここまでの文章を書けるとは思えないのですが、
愛ちゃんの字には間違いありませんでした。
もしかしたら何かを模写したのかもしれません。
ただ幼い心の中に芽生えた何かを本人が抱えきれなくなっていたことは
確かでしょう。
私はいろいろな意味で自らをもう一度省みながら、
愛ちゃんをしっかりと見守っていきたいと思っています。

終わり。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。