スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連ね歌 中篇 

p018.jpg

その日は朝から土砂降りに近い雨だった。
びしょ濡れになりながら、ようやく作業所に辿り着くと、
一緒にボランティアに来る予定だった友人は
体調を崩してしまって来られないらしいと、職員から聞かされた。
昨日はボランティア仲間でカラオケに行って、人一倍楽しそうに歌っていた。
「雨かよ、だりぃなあ」という、彼の声が聞こえた気がした。
作業所には常勤の職員が三人いる。
そのうち一人は休みだった。
もうかなり年配の人なので、この天気では難しいのだろうと僕は思った。

午前中のパン作りで、愛ちゃんとペアを組んで働いている女の人が、
パンを切る機械で指を切ってしまった。
いつもはおっとりとして穏やかな人なのだが、酷い出血にびっくりしたのか痛みのせいか暴れだした。彼女は感情のコントロールがきかないのだと聞いてはいたが、その変貌ぶりに驚いた。
「今日はきっとお客さん来ないと思うから、大丈夫よね」
結局、職員が二人付き添い、病院へ行くことになった。
僕と愛ちゃんは、とうとう二人っきりになってしまった。

午後になって雨足は更に強くなってきた。
日当たりのいい「ひまわり」の中も薄暗く、間接照明から蛍光灯に切り替えていた。
病院へ付き添った職員から、怪我が思いのほか重症で少し縫うことになったのだが、
興奮がおさまらず暴れているので、鎮静剤を使うことになったという連絡が入った。
夕方まで帰れそうにないから、用がなければ時間を延長して欲しいというのだ。
僕はためらいながらも了承した。

その後の僕の行動は、魔がさしたとしか思えない。
もしかしたら、愛ちゃんが僕に魔法をかけたのかもしれないとさえ、思っている。
それほど、自分でも抑えきれない衝動が突然襲ってきたのだ。
僕はなんとお店の入り口に鍵をかけた。
蛍光灯を消すと、店はまた間接照明だけになった。
愛ちゃんは僕の傍に寄り添い、僕の行動をじっと見ていた。
僕は愛ちゃんと向き合った。
愛ちゃんは少しおびえたように顔をこわばらせ身を堅くした。
もしこのまま愛ちゃんが拒否し続けてくれたら、たぶん僕は気持ちを抑えられた気がする。
でも愛ちゃんは違った。なんと目を閉じて、顔を上に向けたのだ。
僕は少しだけ、ほんの少しだけ迷った。
愛ちゃんに対して好意以上の気持ちを持っていたかと問われたら、うなづくことはできない。
そこにあったのは、愛情ではなく、性的興奮にすぎなかった。

僕は呼吸を整えながら、愛ちゃんをゆっくりと抱き寄せた。
愛ちゃんはなされるがまま、僕の方へ引き寄せられた。
僕は愛ちゃんのピンク色の柔らかい唇に自分の唇を重ねた。
愛ちゃんの唇はしっかりと結ばれてたけれど、僕が舌で軽くつつくと、
すっと受け入れてくれた。
あまりに自然だったので、僕は少し驚いた。
愛ちゃんは初めてじゃないのかもしれない、そう思ったのだ。
僕は唇を重ねたまま、客席の長椅子にどさっと倒れこんだ。
愛ちゃんはピンクのうさぎのついたショーツを穿いていた。

最後までは出来なかった。
愛ちゃんの受け入れ体制に無理があったからだ。
さすがにそれ以上、無理にはしなかった。
それが良心だったのかといえば、違う気がする。
最後ににっこり笑った愛ちゃんに、僕はため息を返してしまったのだから。

つづく

連ね歌 前篇 



「ひまわり作業所」で働く愛ちゃんは、長い髪を毎日きちんと二つに結んで、
蝶やら花やらの可愛い髪留めをつけている。
養護学校の高等部を卒業してから、親元を離れ、
グループホームで暮らし始めて、そろそろ一年が経つらしい。
19歳、この夏が終わったら20歳になるのだという。
作業所では朝早くからパンを焼き、昼間は作業所に隣接している
喫茶「ひまわり」でウェイトレスをやっている、無邪気な笑顔が可愛い女の子だ。

福祉系の大学生の僕は、学生ボランティアとして作業所に通っていた。
作業所で働く人たちは僕たちボランティアを気持ちよく歓迎してくれる。
愛ちゃんも僕たちの訪問をいつも喜んでくれていた。
作業所にも、グループホームにも同世代の友達はいないようだったから、
僕たちと接するのが、楽しいのだろう。
僕は愛ちゃんと同じ年だったが、先輩のような兄のような先生のような気持ち、
どっちにしても上から見ていたのは確かだと思う。
愛ちゃんはおよそ10歳ぐらいの知的能力しかなかったからだ。

愛ちゃんの僕に対する態度が、他のボランティアに対するそれとは
違う事に気付いたのは、通い始めて二週間ほどした頃だった。
愛ちゃんは日常生活にはさほど不自由はない。
計算も出来るし簡単な文章の読み書きも出来るから、
作業所やお店の仕事もスムーズにこなした。
何よりもその人懐っこい性格で、お客さんには人気者だった。

とはいえ帳簿をつけたりは出来ないし、少し難しい計算や
(大勢で来たお客さんが、ひとりずつ支払いたいと言い出したり)
トラブル対処は難しかったので、お店には必ず職員かボランティアがついていた。
いつもは数人いるボランティアがたまたま僕ひとりだったとき、
愛ちゃんがいつの間にか僕にぴったりとくっついていた。
僕は腕に押し付けられたような形になった愛ちゃんの胸のふくらみにドキッとした。
愛ちゃんはそんな僕を試すような目をして、ちらっと見た、ように僕には思えた。
僕は慌てて少し離れた。

それから僕は愛ちゃんとできるだけ二人きりにならないように気をつけた。
みんなといる時の愛ちゃんは、特に変わった様子はなく、
僕の勘ぐりすぎかと考えてしまうほどだった。
でもやはり杞憂ではなかったのだ。

つづく

少し長めのモノを書いてみました。 

こんにちは。えみです。
いつも拙い小説を読んでいただいて、有難うございます。

ずっと超短編でまとめていましたが、
少し長いものも書いてみたくなりました。
「籠の中」は、6~7話ぐらいでまとまるといいなあ(笑)と思っていますので、よろしくお願いします。

なかなか難しくててこずっていますので^^;
途中で別の作品が入るかもしれませんが、
カテゴリー「連載小説」をクリックしていただければ、
続けて読んでいただけます。
校正を繰り返しているので、「あれ?」と思われた時にも
戻って読んでいただけるとありがたいです(^^ゞ





籠の中(3) 

024.jpg

「・・・夕菜は、ご存知ですか?」
坂木さんから出た「夕菜」という名前に僕は驚いた。
坂木さんは眼鏡の奥から、僕をまっすぐに見ていた。
僕は視線をどこに持っていけばいいのか悩みながら、首を傾けた。
坂木さんは少しほっとしたような顔をした。
「では、彼女とはどこで?」

千絵とは職場で知り合った。僕の会社が商品を卸していた大手文具店で、
千絵は事務をしていたのだ。営業マンとして通ううちに親しくなった。
ごくありふれた出会いだと思うのに、坂木さんは不思議そうな顔で聞いていた。
僕は自分だけがずっと蚊帳の外にいて、ひとりで空回りしていたような、
いたたまれない気持ちになっていた。
こんな状況で自分が得たい情報を、どう手繰り寄せれば良いのだろう。

「可哀相な子なんです」
千絵の生い立ちは聞いていた。
長野にある小さな町で子供時代を過ごしたこと、
家は小さな整備工場をやっていたが、バブルと一緒にはじけてしまい、
お父さんは借金を残したまま蒸発したこと。
お母さんが昼夜働きづめで、千絵と弟を女手ひとつで育てたのだということ。
確かに悲惨な話ではあるが、よくある話だ。
不幸で可哀相だけれど、だからといって絶望するほどの事ではない。
第一、そんな生活の中でも千絵のお母さんは、幼稚園の先生を夢見ていた千絵を
東京の短大に進ませてくれたのだ。
学費は奨学金でまかない、仕送りは殆どないというキビシイ生活だったかもしれない。
でもそんな中で勉学に励んでいる子などはいくらでもいると思うのだ。
僕だってそれなりに苦労もしてきたつもりだったから、日々の生活の中で、
特に同情したりすることはなかった。
「同情を求めていたんでしょうか」
僕の言葉に坂木さんは少し考えてから、首を横に振った。
「それはないと思います。少なくても貴方には」

坂木さんがいう「可哀相な子」というのは、生い立ちのことなどではないのだ。
坂木さんは、僕がどこまで知っているのか試しているのだ。
「夕菜」ってのは、何なんだ。
僕はテーブルの下でこぶしを握り締めた。

つづく

籠の中(2) 

024.jpg

僕は千絵を捜し歩いた。
探し当てたからといって、元通りになるものなど何もないことは分かっていた。
それでも僕と千絵の間にあった僕が気付かなかった溝を、確認したかったのだ。

「元亭主なら、知ってんじゃない?」
事も無げにそう言ったのは、千絵と何度か一緒に来た事があったスナックのママだった。
「えっ?・・あの、千絵は結婚してたんですか?」
ママは煙草に火をつけてから、間の抜けた質問をしている僕の顔をまじまじと見た。
自分では分からないが、きっと悲壮感をビシバシと漂わせていたのだろう。
ママはフンと鼻を鳴らしてから、メモ用紙に電話番号をひとつ書いた。
「あたしから聞いたって言わないでよ」
右手でメモ用紙を僕の胸ポケットにねじ込みながら、左手ですばやく股間をまさぐり、
それから唇にキスをした。
情けない事に僕は泣いていたかもしれない。
ママは僕の背中をぐっと押して店の外に追い出した。
「あっ、そうだ」
扉を閉めかけたママが、僕の袖口を掴んだ。
「千絵って言ってもわかんなかったら、ゆうなって名前出してみな。夕方の夕に菜っ葉の菜で夕菜。ね、頑張って!」
そう言ってママは僕の肩をするりと撫ぜてから、ドアを閉めた。
どういう意味なのか、僕にはさっぱり分からなかった。
でも質問したり出来なかった。
いったい何が分からないのかさえ、分からなくなっていたのだろうと思う。
亭主になり損ねた男が、元亭主の男に電話を入れたのは、次の日の夜だった。「夕菜」という名前を出したかどうか、思い出せない。

待ち合わせをした喫茶店に、ダークグレーのスーツ姿で現れたその人は、
僕が思い描いていたよりも、ずっと大人の雰囲気を携えていた。
突然やってきた元妻の婚約者だという男に、戸惑ったりうろたえたりする様子はなかった。
差し出された名刺には、名門の塾の名前があり、主任講師となっていた。
前は坂木千絵という名前だったのかと、名刺を見ながら僕はぼんやりと思った。

「そうだったんですか」
僕の話をひととおり聞き終わってから、坂木さんはゆっくりと口を開いた。

つづく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。